ハナオの blog

40代無職になった夫婦のあれやこれ

子供に対して

おはようございます

 

昨日のお話。

まだ家には保育所に通っている

ぼくちゃんがいるわけなんですが…

 

そのお迎えでのこと。

 

これまでそんなにダイレクトにその方に対して

感じたことはなかったのですが…

 

昨日はなんだか気になった

 

お家の中で主人に伝えようとも思ったけれど

そんな話題になっても

空気が重くなってしまうかなー

とか思ったのでやめた

 

でも今日の朝になってもなんだか

モヤモヤしていたから

ブログに書こう

 

子供に対しての接し方

 

昨日は保育所に小学校のお姉ちゃんお兄ちゃんも

数名遊びに来ていたりしていた

 

その中に一人ぽっちゃり体形の3年生の女の子も

混じっていた

その子をPちゃんとしよう

 

保育所の子供たちと小学生と混じって仲良く

ごっこをしていた時のこと

 

Pちゃんは疲れたのか何度か

大人たちのいるところに座って休憩をしにきた

 

そうすると

あるお父さんが「おい!P!!おまえ走ってこいよ!!

休んでばっかりおるから・・・・あははははっ!!!!」

 

と、その子の容姿に対する発言。

 

それでほかの親たちも笑うと言った様子

 

その子はどう受け取っているかはわからないけれど

わたしはひどく心が穏やかではなかった

 

その後は自分の息子に対する発言

「お前みたいな…だから…」というような発言

 

なんなんだろう。

 

なんなんだ?

 

この感じはいったい何?

 

私はそこに、同じ空間にいることが

出来なくなりその場を離れた。

 

もやもやする。

 

子供だって小さくたって

まだまだ大人のお手伝いが必要だとしても

1人の人間である事には間違いない

 

1人1人心がある

 

それなのに大人が一人ひとりの個性を人格を

尊重できなかったらこの子たちはどうなってしまうんだろう

 

そんな言葉たちを大人から浴びせられて育つ子は

いったいどんな人に育っていくのだろう

 

もしかするとそのお父さんもそういう風に

育てられてきたのかもしれない

 

でもだからといって良しとなるわけでは無いはず

 

この世の中には

学校では教えてくれない教育、学びというものは

たくさんあると思う

そして知らないことの方が多い

 

だから私は毎日学びであると思うし

そして知っていきたいとおもう

 

それはもしかすると

1人の人間としては

子供も大人も同じなのかもしれない

 

そしてその一連の昨日の出来事からまた

学ばせていただいた。

 

とすれば、そのもやもやとした

出来事にもその人たちにも感謝なんであろう。

 

ありがとうございます❤