ハナオの blog

40代無職になった夫婦のあれやこれ

彼が漁師になるっ!!①

おはようございます。

ここ最近急な気温の低下で

びっくりですね!!

この前まで半袖きてたのに~

コート引っ張り出してこなくちゃ~

みたいな今日この頃です♪

本格的な冬の前の

このたまに寒い感じは

実はそんなに嫌いじゃないのですがね。

今日は、なんで子供2人もいて私たち夫婦が今無職なのか…

ということを書いていこうかなーなんて思っています。

これが誰かの何かの役になることを願って☆彡

東京LIFE

f:id:hanao-s:20211021125053j:plain

まず、これまでじゃー何をやってきたわけ?

ってことなんですけど。

ざっくり私のことからいうと

美容学校へ行くために東京に進学して、

その後夢でもあった美容部員として大手化粧品販売会社で

新宿、渋谷、原宿とかを起点に働いていました。

そんな中でもどこかで、辞めて田舎に帰りたいなーと

家族の近くにいたいなーと思う時間が増えていました。

今思うとそれが

ただただ甘えだったのかもしれないと思うけれど…

それでその時お付き合いをしていて今の主人になる人はというと

ざっくりいうと

彼もまた地方から出てきてフリーターをしておりました。

実家のこと

そうそう。

ここでね。実家のことをお話しすると

実家はだいだい漁業を営んでおり、

私の父が船長、姉の旦那、親戚のおじさんで船をまわしておりました。

そんなある日、親戚のおじさんが不慮の事故で亡くなってしまいました。

それから月日が流れていく中で、船を動かすにはあと一人必要であることが

私の耳に入ってきていて当時の私は、その時の彼にいうのです。

「漁師になりませんか?」と…

するとその答えは

「イエス

まさに

「SAY YES」(笑)

いや~、そこからよね~

とんとん拍子にことが運ぶとはまさにこのこと

っていうくらいに

漁師になる!!

f:id:hanao-s:20211021122330j:plain

フリーターの彼は身軽でしたね。

だからこそ、すぐに私の実家に飛び込んでいきました。

わたしはというとやはりそんなすぐすぐにやめるといことは

出来なかったので一か月遅れで私の実家の北陸へと戻ることになるのです。

その間彼は、私の実家で1人

私の両親、祖母、姉夫婦、甥っ子、姪っ子と暮らすことになるです。

いや~我ながらにぶっとんだお話ですよ。(笑)

後でわかるのですがその時彼は所持金3,000円だったとか( ;∀;)

それが2007年の8月末。

そして9月から彼は漁師として働き始めるのです。

彼にとって過酷な日々の始まり

そこからが彼にとって、

私にとってかもしれないけれど

2人での冒険の始まりとなりました。

て、こうやって書いていて気付くのが

1人の時もお互い波乱万丈な感じで生きてきてたかなと…(笑)

そんな2人が合わさってより刺激的な冒険が始まったというような

感じでしょうか。

まぁ乗ったこともない船にのり…

はじめは船酔いの毎日だったそうです。

海から丘に上がってきてもずーっと揺れていたとか。

わたしはまだその時東京LIFEを過ごしており

お友達と最後のキラキラ東京LIFEを存分に堪能していたのです…笑

(すまなかったよ)

ましてや私の実家の周りには何もなく

本当に何にもないのですよ

近くのコンビニっていっても車で10分15分いかなとないのですから…

ましてや実家で寝ていた部屋にはテレビもなく…

本当によくやってくれていたなぁと…

誰が何と言おうと私は主人に感謝しかない。

そんな最初のつらい時期も1か月過ごした後にようやく私が地元に帰ってくることになるのです。

あはははは~(笑)

 

~②に続く~