ハナオの blog

40代無職になった夫婦のあれやこれ

虚血性大腸炎てなによ

おはようございます。

今日はとってもすがすがしい秋晴れでございます!!

いや~、気持ちいい!!

最高でございます。

f:id:hanao-s:20211014102504j:image

今日も始まりましたよ~。

昨日の遠足の疲れで中々起きられなかった娘は

いつも以上の機嫌の悪さ(´Д`)

息子君の今日の朝は4歳にしてなんだか赤ちゃん返り

バブバブ食べさせて~。。

と、とても個性豊かな感じでやらせてもろうてます。。

まっ、とにかく皆を無事送り出せたので

OKとしましょう。

そして今からは安定の夫婦とワンコの時間です。笑

といってもそれぞれ自分のことをできる時間ということです。

虚血性大腸炎て何?

そうそうこの前までめちゃくちゃ苦しんでいた私ですが

昨日から少しずつ固形物も食べて何とか腹痛もなく今のところ

元気にやっております。

んでんで皆様が気になっているその…

(って、きになってないか…笑)

私が診断を下した

「虚血性大腸炎」なのですが、もし私と同じ苦しみをした方などの参考にどうぞ😊

www.kiyama-naishikyo

 

調べてみるといろいろとわかってきて

貼り付けたリンクにもあるのですが

まぁ、何らかの理由で大腸に血流障害が生じた結果

このようなことが起こるようです。

で記事にもあるように高齢女性に多いとか…

えっ、いやっ、待って、ショック、

わたし41歳。

確かに中年の域には達してきたけれど…

と少し思いましたが、高齢女性に多いというだけで

若い人でもなる人はなるので私のような方でも

ご安心くだされ。

まさに私が経験したように

急激なお腹の痛みと冷や汗、吐き気、嘔吐、

そして大腸の粘膜が傷つくことによって

下痢や鮮血便、鮮血が混じった下痢といった

出血を伴う症状がでるとのこと。

まさにですね!!!

安静にして

治療の多くは安静を図る保存的療法で症状の改善が期待できるとか。

確かにわたしもその時はもう何も食べられず、というか

もう食べたくない、動きたくない。

体は正直です。

何とか水分補給だけは少しずつとるようにしていました。

だから必然的に絶食状態なり腸を安静に休めることが出来ました。

それからそれから私の場合は

毎日お家にいる主人が私に代わって家事や子供たちのことを

してくれたのでマジで感謝でした。

ありがたや~☆

体は何かのSOSを出してくれていたのだと今は解釈しています。

幸せな時間

そう思うと本当に私はありがたい幸せな時間を過ごさせてもらっていると

心から感じることが出来ます。

体がSOSを発した時にしっかりと休める環境にいて

ましてやそれをフォローしてくれる人が周りにいる。

なんとなんと幸せ☆

そして体の声に耳を傾けることができそれに従うことが出来る。

いや~素晴らしい。

もしかすると現代の人たちはとても忙しく

体のSOSを感じていてもそれに耳を傾ける暇もなく

もしくは耳を傾けていてもその対処方法が自らの自然治癒力

ではなく科学的な医療の力に依存しているのかもしれないと

思った。

もちろん医療の力も、化学力も素晴らしいものであると思う。

 

昔きいた歌の歌詞にあった

♪便利なもと引き換えに幸せ一つ失うのさ♬

なんだかそんなフレーズが頭がよぎったのでした。

 

 

 

私には休むことが必要だったのだと。